ビーチバレー要項

2018 ビーチフェスタin相馬 

 

〈ビーチバレーボール大会要項〉

 

 

 


主催:東京都/一般社団法人日本アスリート会議
主管:福島大学人間発達文化学類スポーツ企画演習受講生
共催:福島県ビーチバレーボール連盟
後援:福島県/福島県教育委員会/福島県体育協会/福島県バレーボール協会/相馬市/相馬市教育委員会/相馬市
観光協会/相双バレーボール協会
1. 開催期間 平成30年7月29日(日)9:00~15:45
2. 大会会場 福島県相馬市原釜尾浜海浜浴場
3. 参加資格 福島県内在住の中学生
4. 競技規則 平成30年度公益財団法人日本バレーボール協会ビーチバレーボール4人制競技規則による。
5. 競技方法 ①男子・女子ともに予選はグループ方式、本選はトーナメント戦方式とする。
        ただし、参加チーム数により競技方法を変更することがある。
       ②両チームの合計得点が5の倍数でコートチェンジとする。
       ③予選グループ戦は20点先取1セットマッチ(デュースなし)で行う。
       ④決勝トーナメント戦は25点先取1セットマッチ(デュースなし)で行う。
       ⑤1位、2位チームは8月に行われる全国中学生ビーチバレーボール大会に出場できる。
6. 服装 Tシャツ、タンクトップ、短パン、またはスイムウェア
7. 競技日程 午前はトップアスリートによる講習会、午後からビーチバレーボール大会が開かれる。
受付8:30~8:50 開会式・全体写真9:00~9:30 ビーチクリーン9:30~9:45 講習会9:45~11:30
昼休憩11:30~12:00 競技開始12:00~15:00 閉会式・表彰式15:15~15:45
8. 試合球 男子:ミカサ(VLS-300) 女子:モルテン(BV5000
9. チーム構成 ①1チーム4人の競技者と2人以内の交代競技者とする。
        ②学校単位、クラブ及び複数校による編成も可とする。
10.出場手続 大会ホームページの参加申し込みフォームに必要事項を入力し、メールで申し込む、又は申

書に必要事項を記入しFAXで送ること。
        大会ホームページURL https://fukushimaunivsport7.wixsite.com/mysite
        大会申し込みメールアドレス:fukushimauniv.sports2018@gmail.com
FAX 024-548-8219 福島大学小川研究室)
11.参加料 無料
12.申込締切 平成30年7月24日(火)必着
13.抽選 当日の大会組み合わせ抽選は大会主管が行う。
14.表彰 男女各1位、2位、3位まで表彰する。また、男女各1位、2位は全国大会出場権を獲得できる

15.その他 

①当日は気温が高いことが予想されるため、暑さ対策ならびに水分を持参し、適宜水分を補給
すること。
②健康管理については、チーム及び個人の責任として受け止め、競技中の負傷については応急
手当は行うが、それ以降の責任は負いません。

③大会期間中に撮影した写真はHP等に利用させていただきます。
④大会に関するお問い合わせ
        福島大学 渡部 TEL 090-2979-1318/アドレス:fukushimauniv.sports2018@gmail.com
小川研究室 TEL/FAX 024-548-8219
             蓮沼研究室 TEL/FAX 024-548-8220

 

 

 

 

 

〈ビーチバレーボール ルール〉

・コート 

16m×8mの長方形とする。フリーゾーンの規格は定めないこととする。

・ネットの高さ

 男子:2.20m  女子:2.10m

・チーム

 1チーム4人の競技者と2人以内の交代競技者

・ポジション

 フリーポジション制(ローテーションなし)

・ユニフォーム

 競技者のユニフォームは特に指定しない。ただし、半ズボンまたは水着に上はTシャツ、タンクトップが望ましい。

・競技方法

 予選はグループ方式、本選はトーナメント方式で行う。

・試合形式

 予選:ラリーポイント制20点先取1セットマッチ(デュースなし)

 本選:ラリーポイント制25点先取1セットマッチ(デュースなし)

 ただし、参加チームにより変更する場合あり。

・コートチェンジ

 両チームの合計得点が5の倍数になるたびにコートを交代する。

・競技者の交代

各チーム、1セットにつき最大4回の競技者の交代が認められる。

試合開始時にコートにいた競技者は、交代してコートから出ても1セットにつき1度だけコートに戻ることができる。この時、先に交代した競技者とだけでなく誰とでも交代することができる。

・公式練習

 両チーム合同での1分間のラリーとする。

・試合間

 前の試合が終わってから5分後に次の試合のトスを行う。

・タッチネット

 競技者がボールをプレーしようとしている時に、ネット全体及びアンテナに触れることは反則となる。

・相手コートへの侵入

 相手への妨害とならなければ、相手コート及びフリーゾーンへ侵入しても良い。

 (センターラインはない)

・ブロック

 ブロックの接触はそのチームの1回目と数えられる。その後、さらに2回目のプレーが許される。

・タイムアウト

 各チーム1セットにつき1回、30秒間とする。

・その他

 フェイントは禁止とする。また、手の甲で返球することは認める。サーブは審判の笛の後5秒以内とする。

・競技者の負傷

 交代競技者がいる場合はただちに交代する。交代競技者がいない場合は、3分間の回復のためのタイムアウトが与えられる。それでも回復しない場合は、そのチームは棄権となる

種目別実施プログラム(ビーチバレーボール)
時間内容
9:45~11:30 講師挨拶・クリニック
11:30~12:00 昼休憩
12:00~ トーナメント
15:00 競技終了

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


【講師】
■鳥居 千穂さん                                 
1970.7.29生まれ
身長180センチ70キロ
京都成安女子高等学校出身
Positionミドル
ユニチカフェニックス(10年)→デンソーエアリービーズ(2年)
成安→京都国体2位
ユニチカ→黒鷲旗全日本バレーボール男女選手権大会3度優勝。
     大45回国民体育大会優勝
     第2回Vリーグ優勝
     1996年アトランタオリンピック出場
     1996年ワールドグランプリ出場
デンソー→2000年ビーチバレーワールドツアー参戦
引退後→各地バレー教室、高校外部コーチ(元フジTVコーチングキャラバン)
    TV解説(現在DAZNバレーボール解説)
    現在ビーチバレーコーチ(川崎マリエンアカデミーコーチ)
             (藤井桜子・田中姿子・宮川紗麻亜コーチ)
現)神奈川県ビーチバレー協会強化委員
現)日本バレーボールオリンピアンの会 理事
ビーチバレーはユニチカでトレーニングの一環としてはじめましたが 興味を持ち若手が国体サマーリーグ中に ビーチバレー大会に参戦しました。夏はビーチバレー選手 冬は インドアVリーグを戦い デンソーに移籍した時にシドニーオリンピックビーチバレー出場の清家知恵選手に誘われワールドツアーに参戦しました。
Vリーガーの中で唯一両立していた選手。

ビーチバレーボール大会要項

ビーチバレーボール競技規則

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。